中津川市、恵那市の不動産登記、商業登記、相続手続き、各種許認可は司法書士・行政書士ほぼ事務所

成年後見制度とは

成年後見制度とは

成年後見制度は、認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分な方々を保護し、支援するための制度です。

このような判断能力の不十分な方々が、正確な判断ができないために悪質商法と思われる契約をしてしまった時、成年後見制度を利用していれば、後から取り消すことができるようになる場合もあります。

また、家や土地、預貯金などの財産を管理したり,介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだりする必要があっても,自分でこれらのことをするのが難しい場合には、成年後見制度を利用することで、成年後見人等が本人のために、本人に変わってそれらの契約等の行為をすることができるようになります。

 

成年後見制度の概要

任意後見 本人が契約の締結に必要な判断能力を有しているうちに、将来もしもご自分の判断能力が不十分になったときの後見事務の内容と後見する人(任意後見人)を、事前の契約によって決めておく制度です。
法定後見 後見…判断能力が欠けているのが通常の状態の方のための制度
補助…判断能力が著しく不十分な方のための制度
補佐…判断能力が不十分な方のための制度